皮脂が少ないと、うるおい成分が逃げやすく、乾燥しやすい状態に…

皮脂は肌にとって大変重要なもの…

60代の女性

日常の食生活でも変わることがありますが、60代の方が挙げるお肌の悩みと言えば、シミ・しわ・たるみなど、加齢からもたらされる悩みを挙げることが多いようです。

そして乾燥の悩みも多いようです。

昔はそんなに乾燥は気にならなかったのに、最近は気になることが多いといわれる方は案外多くおられます。


これは肌質が変化したことが要因で、具体的に言えば、皮脂の量が変わったことで起きることです。

年齢を積み重ねると、一般的に皮脂が減っていきますが、この皮脂が減ると肌が乾燥します。

皮脂は多すぎるとニキビなど肌の表面に突起物として良くないものとして現われますが、実は適度にないと肌に悪影響を及ぼします。

皮脂は天然のクリームとも言われ、肌の表面に薄い膜を張ってくれる存在です。

この幕が外部からの刺激から守ってくれたり、肌内部からうるおいが発してしまわないようにガードしてくれるものでもあります。


従って皮脂が少ないと、うるおい成分が逃げやすく、乾燥しやすい状態になり、加えて紫外線などの外的刺激を受けやすい状態になり、さらに肌の乾燥状態は進んでいくことになるのです。

結果として、皮脂が少なくなると紫外線の影響を受けやすくなり、シミ・たるみ・しわといったエイジング関係の肌の悩みに作用することになります。

肌の老化は紫外線の影響が無視できません。

皮脂は肌にとって大変重要なものであるかが分ることです。


この皮脂は体の内部から分泌され、夏の季節は増加し、冬の季節は減少するする傾向はあるものの大きく変化することはありません。

しかし加齢と共に皮脂の分泌量は減少すると言われていますから、60代の方の肌質は皮質が少ないということが一般的なこととされています。


肌質を劇的に変えることは難しいと言われていますが、乾燥させないためには普段のケアが重要で、このケアを行うのに現代ではさまざまな化粧品が用意されています。

女性用のみならず男性用も準備され、クリーム類はその対策になります。

多くの60代用化粧品は肌を清潔に保ち、美容成分が配合されたものがあります。

化粧水・乳液・クリームと質感の異なる3タイプのケア製品を使うことで肌に美容・保湿成分を浸透させていくのです。

この最後のクリームという化粧品が天然のクリームの皮脂の代わりをしてくれるのです。


加齢によって肌質が変化し、皮脂の量が減少している60代の方は、化粧品である人工的なクリームでカバーし、肌の潤いや化粧品や乳液などで補い、注入した美容成分が蒸発しないよう閉じ込めてあげるようにしましょう。


60代の化粧品@人気ランキング…調べてみました!



このページの先頭へ