60代になると、保湿化粧品でしっかりとエイジングケアをする必要…

表面上の保湿だけでなく、内部からハリを取り戻すためのエイジングケアを…

60代の女性

60代になると、女性ホルモンの分泌の低下や、お肌の美容成分の減少により、乾燥しがちになるので、保湿化粧品でしっかりとエイジングケアをする必要があります。


60代はお肌の新陳代謝が衰えるので、シミやシワ、吹き出物などの肌トラブルが起こっても、なかなか改善しなくなります。

セラミドなどの保湿成分を配合した化粧品を使えば、皮膚の深層にまで届き、うるおうようになるので、普段使っている化粧水や乳液を見直すことから始めましょう。


セラミドだけでなく、皮膚にうるおいを与えるコラーゲンやヒアルロン酸などの保湿成分は、加齢により分泌量が減少するので肌のバリア機能も衰えてしまいます。

バリア機能が衰えると、紫外線などの影響を受けやすくなるので、シミやシワなどの老化現象が進み、全体的にくすんだ色合いになってしまいます。

また60代になるとホルモンのバランスが悪くなるので、皮脂の分泌も減少します。

ターンオーバーが乱れ、皮脂の分泌が正常には行われなくなると、シミやシワなどのトラブルが改善しにくくなりますから、常に化粧品でうるおいを与え続けなければなりません。

加齢により、セラミドやヒアルロン酸、コラーゲンなどの生成量が減るのは仕方がないことなので、エイジングケアをしたいときは、化粧水や乳液、美容液、保湿クリームなどで補うことが大切です。


60代のエイジングケアのポイントは、ただ単にうるおいを与えられるものではなく、皮膚の奥に水分を閉じ込めて、逃がさないようにする化粧品を使うことです。

保湿力を維持させる化粧品でエイジングケアを行えば、皮膚の外側だけでなく、内側までしっかりうるおうので、紫外線などの外界からの刺激や乾燥から皮膚を保護し、バリア機能を高められます。


セラミドやヒアルロン酸、コラーゲンなどの保湿成分を含んだ化粧品を使えば、シワやほうれい線を防げますし、コラーゲン生成をサポートする効果のあるビタミンC誘導体が配合されていれば、内側からハリや弾力を取り戻せるようになります。

ビタミンC誘導体には高い抗酸化作用がありますから、加齢によって増えやすい活性酸素を抑制し、くすみやシミを改善する効果も期待できます。

アルブチンやハイドロキノンなどの美白成分が配合されていれば、くすみやシミへの効果が高いので、化粧品を購入するときは成分表示を良く見てから選ぶことが大切です。

60代になると、表面上の保湿だけでなく、内部からハリを取り戻すためのエイジングケアをしなければならないので、保湿効果に優れたものを選ぶようにしてください。


このページの先頭へ